私と遺伝子栄養との出会いvol.2

少しエッセイ風にお送りしている第2話

前回からの続きです。

切羽詰まった私…

もうその食べるダイエットに申込寸前。

旦那からは結果にコミットしろ!と言われる始末。

ホントにこれでいいのか…

私これでいいのか…

もう一度調べてみよう。

これが最後だ。

これで自分の思う情報が出てこなければ諦めよう。

そう思った。

その時であった。

おそらくはじまったばっかりであろうメルマガに出会った。

#遺伝子栄養プロジェクト
@dna_nourishment

遺伝子栄養?

なんだそれ?

キャラが動物?

は?

私は実は2005年頃に遺伝子検査をしていた。

洋なし型というタイプであった。

それだけじゃないんだ。

なんか知らないけど色々動物であらわしてるんだ。

#糖質のリスク

#脂質のリスク

#タンパク質が不足してはいけない

などメルマガで色々わかってきた。

とにかく検査を受けたいと思わせるメルマガだった。

説明会も結構あり…
どの説明会に行こうか。
ありがたいことに結構広島でやってたりしていたのを思い出す。

当時忙しいのとフルタイム勤務、有休も使い果たしていたのでどの日に申し込もうかと悩んでいた。

自分の中ではもう検査をすることは決めていた。

ただ、いつやるか今でしょ!みたいなわけにはいかなかった。

なぜなら高かったのだ…

もう少し続きます…

最新情報をチェックしよう!