入院生活1日目

朝になった。

朝一番で血液をとられて、血液検査。

なにせ緊急の為、入院準備をしていないし、何もない。。。

両親が入院に必要であろうものをそろえてきてくれたのが助かった。

緊急食で準備された少し遅めの朝ごはんを食べて入院生活の説明と治療方針が説明された。治療方針は24時間点滴で安静にするしかないということしかなく、とにかく寝ているしかない。

でも、血液検査の結果、炎症反応はでておらず、感染症の兆候も見られないことから、シャワーは最初から入っていいとのことだった。

のだけど・・・

シャワーをすることで破水しないだろうか?と不安で仕方なかったので、入院初日は身体をふいてもらうだけにしてもらった。

準備してもらったパジャマにやっと着替えることができた。

旦那はんとは、電話で話をできていたのだけど、忙しいので病院に来れるかどうかわからない状態で、心細い状況が続く。のだけど、無理を言えないのはわかっているので、強がって無理して来なくていいけどと言ってみたり・・・でも・・・ごにょごにょ・・・でも来てもらえるなら来て欲しいと、無理を言ってしまった。

結局、私のわがままを聞いてくれて、なんとか仕事をやりくりして病院にきてくれた時は、本当にホッとしました。

両親も来てくれる方が私も心強いだろうということで安心してくれました。

両親も疲れているようなので帰ってもらって夫婦二人きりになってはじめて泣きました。泣いたのはこの時だけだったかな。だったかな・・・たぶん。

とにかく入院中、旦那はんが大丈夫だと励ましてくれていたのでがんばれたし、いろいろ今後について話すことができました。

入院当初はまた破水するんじゃないだろうかと恐怖でトイレにばかり行ってたかな。

でも、その後は、水っぽいものは、特に自分で出ている感じはなかった。

入院4日目に一回目の診察が行われるとのこと。

それまでは、安静にするしかなく、しかも、まだ普通の個室はあかないので特別室で過ごしていました。

先生からは、暇だろうけど、安静にするしかないと・・・

テレビは見ていいからねと。

しかし、こんなに休んだのはいつぶりだろう?

安静にするしかないので寝ているしかないのだけど。

看護婦さんにまだ胎動とか感じませんよね?と言われてたんだけど、何やら腸の動きとは思えない動きをお腹に感じてはいました。

そのママという毎日妊娠週数に合わせて赤ちゃんの状況とお母さんの状況を簡単に教えてくれるメルマガを登録しているけど、そのメールにタイムリーなのことに

「あなたが胎動と思うならそれは胎動と思っていいんですよ」と書いてあったので、胎動だと思うことにしました。

元気だから大丈夫のサインだと思うことにしたのです。

つづきます(次は入院4日目の診察へ)

最新情報をチェックしよう!